会議でパワーポイントが不要な理由

会議でパワーポイントが不要な理由

一般的にはパワーポイントを使用したプレゼンが主流ですが、一部の企業ではなぜかその使用が制限されています。

この制限の理由を探ると、情報共有の不便さや時間の無駄、柔軟性の欠如などが浮かび上がります。

パワーポイントの問題点

理解を妨げる

スライドを用いたプレゼンテーションでは、聴衆のスピードや理解度の差、情報共有の不便さ、未完成なアイデアの伝達など、多くの課題が生じます。

特に、スライドの読み上げにより、聴衆の理解度が一定でない場合には適切なペースで進行しないことがあります。

また、スライドには図や図表が多く含まれるため、再確認が難しく情報の理解や共有に支障をきたすことがあります。

さらに、スライドは要点を抽出したものであり、詳細や背景情報が欠落しているため、理解を阻害することがあります。

アメリカの企業の視点

アメリカ企業のCEOたちは、これらの問題を踏まえ、会議でスライドを用いたプレゼンを避ける傾向にあります。

CEOたちは、適切な伝達方法を選択することの重要性を強調しており、目的や対象者のニーズを考慮し、最適な方法を選択することが重要だと考えています。

Amazonの事例

Amazonの会議資料

アマゾンでは、会議資料はほとんどが文章形式で作成され、パワーポイントや箇条書きはほとんど使われません。

この取り組みの背景には、情報共有の効率性と意思決定の迅速化があります。

文章形式の資料は、情報を簡潔かつ詳細にまとめることができ、参加者が事前に理解しやすいため、会議の効率が向上します。

また、資料が文章形式であることで、議論が的確に進行しやすくなります。

パワーポイントや箇条書きの不採用

Amazonがパワーポイントや箇条書きをほとんど使わない理由は、これらの形式が情報共有や議論の効率性を損なう可能性があるためです。

パワーポイントでは要点が抽象化されがちであり、詳細な情報や背景が欠落しやすいため、議論が表面的になりがちです。

一方、箇条書きでは情報が断片化されやすく、参加者が全体像を把握しにくいという問題があります。

これらの形式では、情報の理解や共有が不十分になり、意思決定にも影響を及ぼす可能性があるため、Amazonでは採用されません。

資料の使いやすさと効果

文章形式の資料

文章形式の資料は、後で見直しや共有が容易であり、誤解や見落としを防ぐ効果があります。

特に、文章形式では情報が詳細に記述されているため、後で再確認する際にも必要な情報を見つけやすくなります。

また、文章によって論理的な流れや文脈が明確になるため、誤解や見落としを防ぐことができます。

誰でも正しく理解できる資料作りの重要性

誰でも正しく理解できる資料作りは、情報の効果的な共有と意思決定のために極めて重要です。

特に、ビジネス環境では多くの人が関与し、異なるバックグラウンドや知識を持っています。

そのため、資料作成者は情報を明確に伝え、誰もが正しく理解できるように配慮する必要があります。

これにより、情報の誤解や誤解を防ぎ、チーム全体の効率性を高めることができます。

資料の中身の重要性

中身の濃さ

パワーポイントの見栄えよりも、資料の中身が重要であることは、情報を正確かつ効果的に伝えるために欠かせません。

見栄えが良くても中身が薄い資料では、意思決定や問題解決には役立ちません。

一方で、内容が充実していれば、見栄えがあまり良くなくても十分な効果を発揮します。

パワーポイントは生産性が低い

パワーポイントの作成には、見栄えを整えるために時間が必要である。

しかし、見栄えだけを追求することで、中身が薄くなり作成時間ほどの効果は得られない。

そのため、効果的な資料作成には、見栄えよりも中身に重点を置くことが重要です。

ベゾスの考えが反映されたアマゾンの資料作成ルールに学ぶ

アマゾンの資料作成ルールは、ベゾスの考え方を反映しています。

それは、見栄えよりも中身を重視し、情報を詳細に記述することで正確な意思決定を促進するというものです。

他の企業もこの考え方を学び、資料作成において中身の充実を優先することが求められます。

パワーポイントは万能ではない

パワーポイントを使ったプレゼンテーションは一般的ですが、それが常に効果的とは限りません。

情報の整理や共有においては、パワーポイントの限界が露呈することもあります。

特にスライドの作成に時間が必要であること、また作成時間が必要にも関わらず理解度を上げる効果が高くありません。

これは長時間になりがちな会議と会議の準備に時間を費やすことになり生産性という観点ではマイナスになります。

会議での資料作成においては、目的や状況に応じて最適な形式を選択することが重要です。

アメリカの企業のCEOたちも、これらの課題を踏まえ、パワーポイントに代わる資料作成の方法を模索しています。

情報の効果的な共有と意思決定のためには、常に柔軟性を持って適切な伝達方法を選択することが必要です。

 

 

株式会社FiveOne(ファイブワン)では、エグゼクティブコーチング・経営コンサルティングを東京・大阪を中心に日本全国でサービスが実施可能です。

生産性の高い会議の運営や会議における社長の役割などのコンサルティングも可能です。

社長や経営者の適切な相談相手として、1度お話をお聞かせいただけると幸いです。