「経営力再構築伴走支援」におけるエグゼクティブコーチの重要性

「経営力再構築伴走支援」におけるエグゼクティブコーチの重要性

「経営力再構築伴走支援」とは、中小企業や小規模事業者に寄り添った支援の在り方として、注目されています。

中小企業庁が令和4年にその方針を打ち出して以来、この支援の枠組みは着実に進化し、その中でエグゼクティブコーチの役割がますます重要視されています。

今回は、その重要性に迫りつつ、経営力再構築伴走支援におけるエグゼクティブコーチの役割とその具体的な展開についてお伝えします。

経営力再構築伴走支援とは?

経営力再構築伴走支援という言葉を聞いたことがありますか?

この支援は、中小企業庁が主導している中小企業や小規模事業者が直面する経営課題に対処するための新しいアプローチです。

では、具体的に経営力再構築伴走支援とは何なのでしょうか?

経営課題の本質と適応課題

経営者が直面する課題は、単なる技術的な問題だけでなく、「適応を要する課題」があります。

これは、従来の解決策が通用しない複雑な状況で、経営者自身のマインドセットを変える必要があるものです。

経営力再構築伴走支援の特徴

経営力再構築伴走支援は、経営者との対話と傾聴を通じて、経営課題に気づき、腹落ちを促す支援方法です。

腹落ちとは、経営者がその解決策に十分に「腹落ち(納得)」することを意味します。

他者からの助言や指摘だけではなく、経営者自身が問題の重要性や必要性を理解し、内発的な動機づけを持つことが重要です。

経営力再構築伴走支援は、経営者が腹落ちし、内発的な動機づけを持つことで、持続的な成長を実現するサポートを提供します。

経営力再構築伴走支援の効果

経営力再構築伴走支援がもたらす効果は大きいです。

経営者が腹落ちし、自己変革と自走化が実現されることで、事業の持続的な成長が可能となります。

経営力再構築伴走支援は、経営者との信頼関係を築きながら、組織全体の能力向上を促進します。

経営力再構築伴走支援は、経営者が直面する課題に対処し、事業の成長と発展を支援するための重要な手段です。

経営者との対話を通じて、経営課題の本質を理解し、経営者自身がその解決策に腹落ちすることで、持続的な成長が実現されます。

経営力再構築伴走支援の実施方法

「経営力再構築伴走支援」におけるエグゼクティブコーチの役割

(引用元:中小企業庁「経営力再構築伴走支援ガイドライン」より)

経営者にとって、自社の経営を見つめ直し、再構築することは時に困難な課題です。

しかし、そのような状況にある経営者が一人で抱え込む必要はありません。

経営力再構築伴走支援とは、経営者が自らの課題に向き合い、解決策を見出すためのプロセスを支援する取り組みです。

経営者の想いを言語化する重要性

経営者が自らの課題や目標を明確に理解し、解決策を見出すためには、まず自らの想いを言語化することが不可欠です。

しかし、そのプロセスは一人で行うのは難しい場合があります。

経営力再構築伴走支援では、第三者である支援者が経営者の想いを丁寧に聞き出し、言語化するプロセスをサポートします。

支援者は経営者との対話を通じて、経営者が抱える課題や目標を整理し、具体的な解決策に向けて導いていきます。

支援者との信頼関係の構築

経営力再構築伴走支援では、支援者と経営者との信頼関係の構築が非常に重要です。

経営者は自らの想いを打ち明ける際に、信頼できる相手であることを求めます。

支援者は経営者の言葉に耳を傾け、共感し、適切な問いかけを通じて経営者の想いを理解し、信頼関係を築いていきます。

信頼関係が構築された上で、経営者は支援者からの提案やアドバイスを受け入れることができ、より効果的な経営力再構築が可能となります。

実践に向けた具体的なアプローチ

経営力再構築伴走支援を実践する際には、以下のような具体的なアプローチが効果的です。

  • 対話を重ねる:経営者や従業員との対話を重ね、課題や目標を明確にし、十分な情報を引き出す。
  • 分析を行う:経営実態や経営環境を分析し、課題の本質を見極める。
  • 解決策を共に考える:経営者と支援者が共に解決策を考え、実行に移す計画を立てる。

経営力再構築伴走支援は、経営者が自らの課題に向き合い、解決策を見出すための貴重な取り組みです。

信頼関係を築きながら、経営者と支援者が共に歩み、より良い経営の実現を目指しましょう。

「経営力再構築伴走支援」におけるエグゼクティブコーチの重要性

経営力再構築伴走支援は、経営者の視点や課題に対する深い理解が求められます。

そのためには、エグゼクティブコーチの存在が欠かせません。

ここでは、経営力再構築伴走支援の三要素とエグゼクティブコーチの重要性について解説します。

経営力再構築伴走支援モデルの三要素の概略

経営力再構築伴走支援には、対話と傾聴による信頼関係の構築、気づきを促す課題設定型コンサルテーション、経営者の「自走化」のための「内発的動機づけ」と「潜在力」の引き出しなどの三要素があります。

これらの要素は、経営者が自らの経営課題に対して向き合い、解決策を見出すための支援を提供します。

要素1.対話と傾聴による信頼関係の構築

経営者との対話を通じて、経営課題や目標を明確にし、信頼関係を築くことが重要です。

この対話の手法は、コーチングとほぼ同義であり、経営者が自らの課題に対して内省し、解決策を見出すプロセスを支援します。

コーチングでは、傾聴や質問を通じて経営者の考えを整理し、内発的な気づきを促します。

エグゼクティブコーチは、経営者との対話を通じて、経営課題に対する深い理解を得ることができます。

要素2.気づきを促す課題設定型コンサルテーション

経営課題に対する気づきを促すためには、課題設定型コンサルテーションが重要です。

この手法では、経営者が自らの課題に対して腹落ちすることが求められます。

エグゼクティブコーチは、傾聴や質問を通じて経営者の考えを整理し、本質的な課題に気づかせる役割を果たします。

経営者が課題に対して腹落ちすることで、解決策に向けて積極的に行動する意欲が高まります。

要素3.経営者の「自走化」のための「内発的動機づけ」と「潜在力」の引き出し

経営者が自らの経営課題に向き合い、解決策を見出すためには、内発的な動機づけが必要です。

エグゼクティブコーチは、経営者の内発的な動機づけを引き出し、潜在力を最大限に発揮させる役割を果たします。

経営者が自走化することで、経営課題に対して積極的に取り組み、持続的な成長を実現することが可能となります。

エグゼクティブコーチの重要性

経営力再構築伴走支援においては、要素1から要素3までの全ての手法がコーチングの手法であることが分かります。

そのため、エグゼクティブコーチの存在が重要となります。

エグゼクティブコーチは、経営者との対話を通じて深い信頼関係を築き、経営課題に対する気づきを促し、内発的な動機づけを引き出すことができます。

経営力再構築伴走支援においては、エグゼクティブコーチが経営者の成長と企業の発展を支援する重要な存在となります。

以上のように、経営力再構築伴走支援においては、エグゼクティブコーチが重要な役割を果たします。

エグゼクティブコーチは、経営者との対話を通じて信頼関係を築き、経営課題に対する気づきを促し、内発的な動機づけを引き出すことで、経営者の成長と企業の発展を支援します。

経営力再構築伴走支援においては、中小企業庁の「経営力再構築伴走支援ガイドライン」の中で社長・経営者に対するコーチの重要性が指摘されたことは、日本の社長・経営者もコーチの重要性について認識が高まると考えます。

「経営力再構築伴走支援」におけるエグゼクティブコーチの役割

(引用元:中小企業庁「経営力再構築伴走支援ガイドライン」より*一部筆者加筆)

また、経営力再構築伴走支援の進捗状況に応じてコーチからコンサルティングへ移行させることで、期待する効果を早く得ることも可能になります。

 

 

株式会社FiveOne(ファイブワン)では、エグゼクティブコーチング・経営コンサルティングを東京・大阪を中心に日本全国でサービスが実施可能です。

経営力再構築伴走支援に対するご支援であれば、エグゼクティブコーチ+経営コンサルタントの組み合わせの「エグゼクティブパートナー」というサービスもご提案が可能です。

 

社長や経営者の適切な相談相手として、1度お話をお聞かせいただけると幸いです。