社長でも使える!チャットGPTの活用法

社長でも使える!チャットGPTの活用法

近年、人工知能(AI)技術の進化により、ビジネスにおいても新たな可能性が広がっています。

その中でも、チャットGPT(Generative Pre-trained Transformer)と呼ばれるAIモデルは注目を集めています。

本記事では、チャットGPTの基本的な概要から始め、社長を対象とした具体的な活用法についてお伝えします。

チャットGPTとは?

チャットGPTは、自然言語処理を用いたAI技術の一種です。

Transformerと呼ばれるモデルをベースにしており、大量のテキストデータを学習して文章生成や応答生成を行うことが可能です。

つまり、ユーザーがテキストを入力すると、それに適切な応答を生成して返してくれるAIです。

社長がチャットGPTを活用するメリット

多くの社長は、日々の業務に追われる中で時間の制約に悩まされています。

しかし、チャットGPTを活用することで、業務の効率化が図れます。

その理由は以下の通りです。

まず第一に、コンピューターに詳しくない社長でも使いやすい点が挙げられます。

チャット形式でのやり取りなので、特別な技術知識は不要です。

さらに、チャットGPTが文章生成や応答生成を行ってくれるため、社長自身が文章を書く手間を省くことができます。

チャットGPTの具体的な使用事例

具体的な使用事例として、企画書の要約を作成することを挙げてみます。

社長が新しいプロジェクトの企画書を読む際、その要点を簡潔にまとめたい場合、チャットGPTを活用することができます。

以下に具体的な手順を示します。

  1. チャットGPTに、企画書の文章をコピー&ペーストし「企画書の要約を作成してください。」とコピー&ペーストした企画書の後に文字で指示します。
  2. チャットGPTは、指示された情報を元に要約を生成します。テキスト形式で提供されます。
  3. 生成された要約を確認し、必要に応じて修正や追加の指示を行います。
  4. 最終的な要約を取得し、プロジェクトの概要や目標を把握します。

ただし、チャットGPTは図やグラフを理解することはできません。

そのため、要約には主に文章情報を基にした要約が生成されます。

チャットGPTを社長自身が使用することで業務改善が可能

チャットGPTを導入することで、会社の業務改善に大きな効果が期待できます。

業務の自動化やタスクの管理にも役立ちます。

スケジュールの調整やリマインダーの設定など、日常的な業務を効率的に行うことができます。

社長が自ら新しいモノに実際に触れて、実際に使ってみて初めて会社の業務に使用できる方法を考えることができるようになります。

新しいモノは苦手である、新しい技術は若い従業員に任せる、という考え方では現在のビジネスの中で取り残されてしまいます。

なぜ従業員はテレワークを望み経営者は出勤を望むのか?

近年、テレワークが一般的になりつつある中で、アメリカの企業においてもその適用範囲や理念に関する意見の対立が浮き彫りになっています。 特にWayfairやClearlinkといっ…

 

今では在宅勤務やリモート会議で使用することが当たり前になったZOOMなどのオンライン会議システムも、数年前まで社長は使用することができなかったのではないでしょうか?

現在では、メールを送信したりパソコンでインターネットで検索するのと同じ様にオンライン会議システムを利用されていると思います。

チャットGPTも数年後には、オンライン会議システム同様に日常的に業務で活用されていると思いますので、食わず嫌いにならない方が良いと思います。

まだ間に合う!新しいモノや技術に積極的に

本記事では、チャットGPTの基本的な概要から始め、社長がチャットGPTを活用するメリットや具体的な使用事例について解説しました。

さらに、チャットGPTを導入することで会社の業務改善が可能であることを示しました。

今後もチャットGPTの進化と共に、より多くのビジネスシーンで使用されることが多くなると考えます。

会社の生産性が向上しない原因は社長にある

経営コンサルタントの立場で中小企業の社長のお話を聞いていると、ふと思うことがあります。 社長が悩んでいる原因を作っているのは社長自身であることを、ご本人を傷つけ…

 

このような状態にならないためにも、チャットGPTを実際に活用されることをオススメします。