中小企業における「両利き経営」のポイントとは?

中小企業における両利き経営のポイントとは?

どのようにして中核事業と新規事業を両立させ、企業の成長エンジンを踏めるか。

そのような大企業の社長や経営者の悩みにマッチした「両利きの経営論」は、日本で幅広く浸透してきた。

しかし現実には難しくカルチャーの異なる2つの事業を両立させるのは、実際は至難の業である。

そのような両利きの経営は中小企業にも応用できるのだろうか?

 両利き経営とは?

「両利きの経営」とは、企業が中長期的な繁栄を遂げるために、既存事業の深掘りと新規事業の開拓の両方を同時に進める経営戦略を指します。

このアプローチは、既存事業を改善し進化させつつ、同時に新しい市場や技術を開拓していくことで、企業が変化する環境に適応し続けられるようになります。

この戦略を実現する上での鍵となるのは、組織全体で深掘りと開拓を同時に進め、そのためには組織メンバーの方向性を合わせて協力体制を作り、組織全体の業績向上につながるように、メンバーごとの役割の最適化やリソースの共有が必要です。

また、経営者のリーダーシップや組織文化も大きな役割を果たします。

成功事例や失敗事例を通じて、両利き経営の難しさや重要性が示され、リーダーシップの役割が強調されています。

なぜ中小企業にも両利き経営が重要なのか?

中小企業は資源が限られているため、一つの事業に特化してしまうことが多いです。

しかし、世の中の変化に対応するためには、既存事業の深化と同時に新しい分野への挑戦が必要です、

中小企業におけるこれが両利き経営のポイントは以下の通り。

1. 戦略的な意図の明確化

まず、中小企業が成功するためには、戦略的な方針をしっかりと定めることが必要です。

どの分野で強化し、どの新規事業に挑戦するのか、経営陣と共有し、組織全体で理解することが成功の鍵です。

2. 経営陣の関与と支援

経営陣は両利き経営の中心的存在です。

新しい事業に対する支援やリソース提供、深掘りと開拓の活動のバランスを取るために積極的に関与することが必要です。

3. 柔軟で調整可能な組織構造

中小企業はリソースが制限されているため、組織構造を柔軟に保ち、必要に応じて調整できることが重要です。

これによって、深掘りと開拓を同時に進めやすくなります。

4. 共通のアイデンティティの確立

組織内で共通のビジョンや価値観を確立することが不可欠です。

組織全体が一体となり、異なる活動を同時に進めやすくなります。

これが中小企業が成功するための土台となります。

中小企業の未来への道

中小企業が両利き経営を実践することで、変化の激しいビジネス環境にもしっかりと対応できるようになります。

成功事例や失敗事例を学び、経営者のリーダーシップのもとで組織をまとめることが、中小企業の持続的な成長に繋がるでしょう。

世の中の流れに取り残されず、未来を見据えるためには、両利き経営が中小企業にとって強力な武器となることは間違いありません。

柔軟性と戦略の両面からアプローチし、経営者と組織全体が一丸となって挑戦することで、成功への道が開けるでしょう。両利き経営を取り入れ、中小企業の未来を切り拓いていきましょう。

<PR>

Follow me!

投稿者プロフィール

山下午壱
山下午壱エグゼクティブコーチ/経営コンサルタント
1968年生まれ。兵庫県出身。
玩具業界(商社)、映画業界を経て人材サービス業界で20年働く。
中堅規模の人材サービス会社の経営の傍らで多くの経営者と交流し、中小企業の社長の立場でコーチング、コンサルティング実績を積む。現在はエグゼクティブコーチ+経営コンサルタントを組み合わせた独自の手法で活動中。