社長が決断というプレッシャーに勝つ方法

社長が決断というプレッシャーに勝つ方法

経営者としての役割は、日々の業務だけでなく、絶え間ない意思決定が求められます。

その決断には大きなプレッシャーが伴いますが、そのプレッシャーに打ち勝つためのトレーニングが必要です。

本記事では、エグゼクティブコーチングがその解決策となる理由を探りながら、社長が決断というプレッシャーに勝つ方法についてお伝えします。

決断とは何か

経営者としての仕事においては、常に未知の状況に直面し、的確な決断を下すことが求められます。

しかし、この決断が企業や組織に与える影響は非常に大きく、そのためには高いプレッシャーがかかります。

決断に関する心理学的な法則や事例も考慮すると、我々の脳は多くの情報を処理し、不確実性を扱う能力に優れています。

しかし、プレッシャーやストレスがかかると、この処理能力が低下し、決断の品質に影響を与えることがあります。

また、過去の経験や感情も決断に影響を与え、時には冷静な判断を妨げることがあります。

脳は不確実性を扱う能力に優れてはいるが、感情などの不確実性の高いもが妨げにもなるという不安定な仕組みになっており、決断という行為は難易度が高い行為であることが分かります。

よって、決断するという行為を行うためには、決断のためのトレーニングが必要になります。

エグゼクティブコーチングの重要性

エグゼクティブコーチングは、経営者がプレッシャーに晒されながらもより良い決断をするための手段の一つです。

クライアントがどれだけ賢明であろうとも、プレッシャーには誤った方向に引き込まれる危険性があります。

エグゼクティブコーチングは、この危険性から解放され、冷静な判断を促進するプロセスとしてプレッシャーに勝つためのトレーニングを行うことが可能です。

自己認識の向上

プレッシャーの中で冷静な判断を下すためには、自己認識が不可欠です。

エグゼクティブコーチングは、自己認識を高め、客観的な視点から決断できる力を養います。

決断の意味づけの重要性

決断をすること自体が重要であるという意味づけを強化します。

決断が組織に与える影響や意味を理解し、その意味を共有することで、組織全体で一体感が生まれ、プレッシャーに対処しやすくなります。

結果の責任を果たす

どんなに優れた決断を下そうとも、その結果が重要です。

社長は結果に責任を持ち、決断した戦略を実行するためのサポートを提供する必要があります。

組織全体の意識の向上

決断はトップダウンで下されることもありますが、組織全体がその意義を理解し、自らも決断に参加できるような環境を整えることが重要です。

これにより、組織全体で一致した方針を追求できます。

社長が決断というプレッシャーに勝つ方法

経営者としての決断には常にプレッシャーが伴いますが、エグゼクティブコーチングを通じて自己認識を高め、冷静な判断に必要な力を身につけることが可能です。

決断には意味があり、その結果が重要です。

組織全体で決断に参加し、一体感を持って進むことで、プレッシャーに立ち向かう準備が整います。

決断とは不確実性の高い行為であるため、誰もが簡単に会得できる行為ではありません。

ましてや、経営者の決断は会社や組織に大きな影響を与える重要な行為です。

よって、感情などをコントロールしより確実な決断を行えるようなトレーニングを行うことが重要です。

感情のコントロールなどの自己管理能力を高める手段として、エグゼクティブコーチの存在は重要であると考えます。

 

株式会社FiveOne(ファイブワン)では、エグゼクティブコーチング・経営コンサルティングを東京・大阪を中心に日本全国でサービスが実施可能です。

社長や経営者の適切な相談相手として、1度お話をお聞かせいただけると幸いです。

Follow me!

投稿者プロフィール

山下午壱
山下午壱エグゼクティブコーチ/経営コンサルタント
1968年生まれ。兵庫県出身。
玩具業界(商社)、映画業界を経て人材サービス業界で20年働く。
中堅規模の人材サービス会社の経営の傍らで多くの経営者と交流し、中小企業の社長の立場でコーチング、コンサルティング実績を積む。現在はエグゼクティブコーチ+経営コンサルタントを組み合わせた独自の手法で活動中。