社長の人脈作りのコツ~アイデアワーキングとは?

社長の人脈作りのコツ~アイデアワーキングとは?

多くの中小企業やベンチャー企業の社長が抱える悩みの一つが、質の高い人脈の構築です。

ここでは、米心理学者シーナ・アイエンガーの提案する「アイデアワーキング」と伝統的な「ネットワーキング」に焦点を当て、人脈形成の新しいアプローチについてお伝えします。

シーナ・アイエンガー氏の紹介

シーナ・アイエンガー氏はコロンビア大学ビジネススクールで教鞭を執る心理学者であり、人脈構築において画期的な手法を提案しています。

彼女の著書『THINK BIGGER 「最高の発想」を生む方法』は、多くの経営者やリーダーに新しい視点をもたらしています。

アイデアワーキングとは?

アイデアワーキングは、アイデアの創造と共有を重視した人脈構築手法です。

具体的な課題に取り組む際に、異なる分野の専門家との協力を促進し、新しいアプローチや戦略を生み出します。

例えば、SNSを通じて自社の課題に関する質問を専門家に投げかけ、異なるバックグラウンドを持つ人々との対話を通じて革新的なアイデアを引き出すことが期待できます。

ネットワーキングとは?

ネットワーキングは、従来の人脈構築手法であり、業界のイベントやコミュニティへの参加、既存のビジネスコミュニティでの交流を通じて信頼性の高い人脈を築く手法です。

例えば、同業他社や同じ地域の企業と直接的な関係を築くことで、共通のビジネス目標に対する理解を深めます。

アイデアワーキングとネットワーキングの比較

アイデアワーキング

  • 自社課題を共有する覚悟: アイデアワーキングでは、他者との深い関わりを築くために、自社が抱える具体的な課題や問題を率直に共有することが大切です。これにより、相手が適切なアドバイスや意見を提供しやすくなります。
  • 適切な場でのアプローチ: 例えば、SNS上で自社の課題に関する質問を投稿し、異なる分野の専門家からアイデアや戦略を引き出します。
  • 自己アピールよりも課題に焦点を当てる: アイデアワーキングでは、相手に自社や自己アピールをするよりも、共通の課題や興味に焦点を当てることが効果的です。具体的な課題解決に集中することで、相手との関係をより深化させることができます。

ネットワーキング

  • 自社の強みをアピールする: ネットワーキングでは、自社の強みや特長を積極的にアピールすることが大切です。例えば、業界のイベントやコミュニティへの参加を通じて、他者との共通点を見つけ、信頼関係を構築します。
  • 相手のニーズに焦点を当てる: 他者とのコミュニケーションにおいては、相手のニーズや興味に焦点を当てることが重要です。例えば、共通のビジネス目標や課題に対する理解を深め、協力関係を築きやすくなります。
  • 共通の友人やビジネスパートナーを活用する: 既存のビジネスコミュニティへの参加や共通の友人やビジネスパートナーを通じての紹介も、信頼性の高い人脈を築く有効な手段です。

社長の人脈作りのコツ

シーナ・アイエンガー氏の提案するアイデアワーキングと伝統的なネットワーキングは、人脈構築においてそれぞれ独自のアプローチを提供しています。

中小企業やベンチャー企業の社長が成功するためには、状況や目標に応じて適切な手法を選択し、組み合わせることが不可欠です。

アイデアワーキングの柔軟性とネットワーキングの伝統的な手法を上手に取り入れつつ、新たな人脈を構築していくことが、持続可能なビジネス成功への鍵となるでしょう。

特に社長や経営者という立場の人は、常にビジネスアイデアを求める必要性があります。

その点においては、アイデアワーキングは、弱い紐帯をつくる取り組みです。

社会学者マーク・グラノベッターの有名な研究によると、強い紐帯で結ばれた人々は環境が似通っているために、同じような知識を持っていることが多いのに対し、弱い紐帯からは、より目新しく価値の高い知識が得られるという。

このような点において、社長や経営者にとってはアイデアワーキングを意識した人脈作りが必要であるとも言えます。

【引用・参照元】

president.jp

*この文章にはPRが含まれています。

Follow me!

投稿者プロフィール

山下午壱
山下午壱エグゼクティブコーチ/経営コンサルタント
1968年生まれ。兵庫県出身。
玩具業界(商社)、映画業界を経て人材サービス業界で20年働く。
中堅規模の人材サービス会社の経営の傍らで多くの経営者と交流し、中小企業の社長の立場でコーチング、コンサルティング実績を積む。現在はエグゼクティブコーチ+経営コンサルタントを組み合わせた独自の手法で活動中。