社長・経営者の意思決定力向上への3つのステップ

社長・経営者の意思決定力向上への3つのポイント

近年、中小企業・ベンチャー企業の経営者が直面する課題の一つに、より賢明な意思決定が挙げられます。

リーダーシップの効果を高め、事業を成功に導くためには、意思決定力の向上が不可欠です。

本記事では、中小企業・ベンチャー企業の社長が経営者としてより良い意思決定を行うためのアプローチを紹介します。

効果的な意思決定の基本:戦略的か戦術的かの判断

効果的な意思決定の基本:戦略的か戦術的かの判断

良い経営者であるためには、まず意思決定が戦略的なものなのか戦術的なものなのかを見極めることが必要です。

戦術的な決定は既に知られている複数の選択肢があり、成功か否かが比較的短期間で分かるものである一方、戦略的な決定は多くの選択肢や曖昧な情報があり、正誤が長期間にわたって判明する可能性があります。

例えば、イベントの開催場所を決定するのは戦術的な決定であり、製品の特長と利点を拡張するかどうかは戦略的な決定の一例です。

戦略的意思決定の典型的な誤りの源泉

戦略的意思決定の典型的な誤りの源泉

良い意思決定を妨げる主な要因として、思い込み、権力、直感が挙げられます。

  1. 思い込み

    • 思い込みは知識の不足を埋める一方で、誤りの原因となります。これは、意思決定においてエラーの要因となる可能性があります。
  2. 権力

    • 決定には通常、複数の専門家が関与しますが、最も権力が強い人物が初期の立場を取り、次に権力が強い2番目の人物がその決定に対して穏やかに反対し、残りのグループが従うというパターンが見られます。これが良き意図を持つリーダーを誤った決定に導くことがあります。
  3. 直感

    • 直感は情報の取り込み方、取り込む情報、情報の処理方法、結論の形成方法に影響を与えます。これらの直感は意思決定においてエラーの要因となります。

効果的な意思決定の3つのステップ

効果的な意思決定の3つのステップ

経営者がより良い意思決定を行うためには、以下の3つのステップを追うことが重要です。

  1. 事前決定

    • リーダーを1人決めることが重要です。また、チームには決定に取り組むスタイルを伝えることが求められます。指令的か、データ重視型か、コンセンサスを重視するのかなどのスタイルを明確に説明します。
  2. 意思決定

    • 決定メカニズムはアイデアをリーダーの頭から取り出し、同僚の評価の対象とする場所です。合理的な意思決定、倫理的な意思決定、シンプルなビジネスケースなどのモデルを使用して情報とデータを評価し、変数の評価に客観性を加えることが目指されます。
  3. 事後活動

    • 次のステップとして役割ごとに担当者を指定し、指示命令系統や想定するべきリスクを明確にします。これらは後付けではなく、重要な事後の活動として扱われるべきです。

エグゼクティブコーチングを活用し社長としての意思決定力を向上

エグゼクティブコーチングを活用し社長としての意思決定力を向上

中小企業・ベンチャー企業の社長がより良い意思決定を行うためには、経験、直感、権力をバランス良く処理し、思い込み、権力、直感といったエラーの要因を理解し、意思決定プロセスを実践することが重要です。

エグゼクティブコーチングを通じて、経営者はより客観的で正確かつタイムリーな意思決定が可能になり、より包括的なリーダーシップを発揮できるでしょう。

弊社では東京・大阪を中心に日本全国でエグゼクティブコーチングを実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

Follow me!

投稿者プロフィール

山下午壱
山下午壱エグゼクティブコーチ/経営コンサルタント
1968年生まれ。兵庫県出身。
玩具業界(商社)、映画業界を経て人材サービス業界で20年働く。
中堅規模の人材サービス会社の経営の傍らで多くの経営者と交流し、中小企業の社長の立場でコーチング、コンサルティング実績を積む。現在はエグゼクティブコーチ+経営コンサルタントを組み合わせた独自の手法で活動中。