リスキリングは社長・経営者から行うべき理由

リスキリングは経営者から行うべき理由

デジタルトランスフォーメーション(DX)があたり前の時代に、データ分析の重要性がますます浮き彫りになっています。

の滋賀大学長の竹村彰通氏の提言は、この変革の中で経営者がリスキリングを行う必要性を強調しています。

その背景には、経営判断にデータを活用することの重要性と、日本のデータ分析力の不足があります。

データ分析とリスキリングの必要性

データ分析は経営者にとってますます重要なスキルとなっています。

竹村学長が指摘するように、日本の経営者のデータ分析能力が不足している現状では、企業の競争力や持続可能性が脅かされます。

データを無視することは、誤った判断や思い込みにつながり、ビジネスの成功における重大なリスクをもたらします。

経営者は、過去の経験や勘だけでなく、データに基づく客観的な分析によって意思決定を行う必要があります。

これによって、正確な予測や効果的な戦略の立案が可能となり、ビジネスの成長と競争優位の確保につながります。

経営者がデータ分析能力を獲得することは、現代のビジネス環境において不可欠な要素となっています。

社会人のリスキリングの効果

滋賀大学の社会人向けリスキリングプログラムは、その有効性を証明しています。

修士コースでは製造業などからの派遣を多く受け入れ、現場経験豊富な技術者が学び直す機会を提供しています。

このようなプログラムを通じて、社会人が新たなスキルや知識を習得し、データ分析などの専門分野における能力を向上させることが可能です。

また、40歳以上でも学び始める余地がある理由は、経験や実践的な知識が学習の土台となることです。

社会人がリスキリングを通じて新しい分野に挑戦する際には、これらの経験を活かして理論を学び、実践的なスキルを身につけることができます。

滋賀大学のプログラムは、社会人のリスキリングにおいて成功例を示しており、年齢や経験に関係なく学び続ける余地があることを示しています。

大学と企業の連携の重要性

大学と企業の連携は、データ活用の実践において重要な役割を果たしています。

大学の研究成果や専門知識を活かし、企業が実際のビジネス課題に対して解決策を見つけるのに役立ちます。

実際のデータを使用して行うプロジェクトや共同研究は、理論だけでは得られない実践的な洞察を提供し、企業の意思決定を補完します。

また、大学と企業の風通しの改善と柔軟なキャリアパスの確保は、学生や社会人が自身の能力を最大限に活かし、継続的な学びや成長を実現するために不可欠です。

企業が大学に対して課題やニーズを明確に伝え、大学側もそれに応えることで、双方が共に成長し合うことが可能です。

柔軟なキャリアパスは、社会人がキャリアを変革しやすくするだけでなく、新たな知識やスキルを取得し、自己成長を促進するための重要な要素です。

データサイエンス学部の卒業生のキャリア展望

データサイエンス学部の卒業生は、幅広いキャリア展望を持っています。

彼らはIT企業やコンサルティングファームなどでの職をはじめ、製造業やサービス業などさまざまな分野で活躍しています。

なぜなら、彼らが身につけたスキルは汎用性が高く、データ分析やビジネスインテリジェンスなどの専門分野において求められる能力であるからです。

一方で、海外ではデータ分析人材の活躍が目覚ましく、異業種をまたいで活躍するケースが増えています。

経済や製造業、医療など、さまざまな領域でデータ分析が重要視されていますが、日本ではその遅れが指摘されています。

国内の大学においてデータサイエンス学部の開設が相次ぎつつありますが、海外に比べるとまだまだ人材育成が追いついていない状況です。

そのため、日本のデータ分析人材は海外の競争において苦戦していると言われています。

日本の大学教育の課題

日本の大学教育における主な課題は、方法論の専門家の育成と統計学の重要性の認識不足です。

経済学部や工学部などの分野においては、統計を専門とする研究者が散らばっていますが、統計学部がなく、統計学を専門とする教育組織が欠けています。

統計学はデータ分析の基礎であり、誤った判断を避けるために不可欠ですが、その重要性が十分に認識されていないのが現状です。

また、AIとプログラミングの関係においても、日本の大学教育には課題があります。

AIの発展に伴い、プログラミングの重要性が高まっていますが、単に技術を使いこなすだけでなく、基本的な理論を理解し、創造性を発揮することが求められています。

しかし、日本の大学教育では、技術の習得に重点が置かれがちであり、理論的な学習や創造性の育成が後回しにされている場合があります。

そのため、AIの技術だけでなく、プログラミングの理論や創造性を学ぶ機会がもっと充実する必要があります。

経営者のリスキリングの必要性

経営者のリスキリングは、データ分析能力の獲得と経営効率化の直接的な関係が示されています。

データを活用した意思決定は、正確な情報に基づいて行われるため、リスクを最小限に抑え、効率的な経営を実現することができます。

竹村学長の提言からも明らかなように、経営者がデータ分析能力を向上させることは、ビジネスの成功に不可欠です。

データに基づく意思決定は、競争力の強化や持続可能な成長につながります。

したがって、経営者がリスキリングを行うべき理由は、現代のビジネス環境での競争力を維持し、企業の成長を促進するために必要不可欠です。

経営者のリスキリングにお勧めの方法

リバースメンターとは?Z世代の価値観が分からない社長に必要な理由

現代のビジネス界では、世代間のギャップが大きな課題となっています。 特に、Z世代と呼ばれる若者たちの価値観や行動は、従来のビジネスリーダーたちが理解しにくいもの…

こちらの記事では、社長・経営者に対してリバースメンター制度の実施を提案しています。

リバースメンターとは、従来のメンター制度とは逆に、若手社員がベテラン社員や経営者に対してメンターとして付く仕組みのことです。

特にデジタルネイティブと呼ばれるZ世代の若手社員は、デジタル分野に強いことからデータの活用や分析に長けている人が多いことが特徴です。

よって、社長や経営者のリスキリングの初めの一歩としては、リバースメンター制度を活用したZ世代と呼ばれる若者の価値観を年上の社長や経営者が理解を促すところから始めるのが良いと考えます。

そうすることで、デジタルやデータに関する興味関心を持つことができ、その考えに基づいて経営判断へのデータ分析の重要性に気づきが得られるキッカケになるのではないでしょうか?

 

株式会社FiveOne(ファイブワン)では、エグゼクティブコーチング・経営コンサルティングを東京・大阪を中心に日本全国でサービスが実施可能です。

社長・経営者向けにデータ分析の重要性や活用方法などをレクチャーさせていただくことも可能です。

社長や経営者の適切な相談相手として、1度お話をお聞かせいただけると幸いです。