事業継承の重要なポイントとは?

事業継承の重要なポイントとは?

多くの中小企業の社長が直面する難題の一つが、経営者のワンマン経営からの脱却と、次世代への事業継承です。

この課題を解決する方法の重要な1つのポイントが存在します。

それは、「権限委譲の重要性」です。

権限委譲による事業継承のポイント

1. ワンマン経営の課題

多くの経営者が「全てを自分で意思決定したい」または「全てを自分で意思決定しなければならない」と考える中、権限委譲を怠ることで以下の問題が生じます。

  • 決断のための情報収集に時間を割く必要があり、戦略的な経営判断が難しくなる
  • 社員の成長が妨げられ、モチベーションの向上が期待できない
  • 新しいアイデアやクリエーティブな発想が生まれにくい

2. 権限委譲の重要性

事業継承を成功させるためには、早期に権限委譲に着手することが不可欠です。

これにより、経営者は本来のトップマネジメントの仕事に集中でき、社員の成長とモチベーション向上が期待できます。

責任を伴わない仕事は「他人事」になりがちであり、かつ「言い訳」を作る原因となります。

「指示通りに仕事を行ったのだから結果責任は上司、会社にある」という責任回避、指示待ち社員が生まれる環境を経営者自らが作ることになります。

<参考資料>

指示待ち社員が生まれる原因とは?

中小企業・ベンチャー企業の社長の悩みとして多い問題の1つに「指示待ち社員」の存在があります。 この「指示待ち社員」はなぜ生まれるのか?の原因を考えると共に、仕事…

これが事業継承される側の人間であれば「他人事」で仕事をしている間は、次世代の経営者として育成することはできません。

「他人事」から「自分事」に意識を変えるためにも事業継承における権限委譲はとても重要なプロセスです。

3. 権限委譲の進め方

権限委譲を進める際には、以下のポイントに留意することが重要です。

- 目標の数値化

部下に任せる仕事には具体的な数字で分かる目標を設定する。

明確な目標があれば、部下も方針を理解しやすくなります。

事業継承される側も同様です。

数値目標を明確にすることで、達成、未達成という評価を行うことができると共に、未達成の場合はどこに原因があるのかを振り返り改善することで、数値目標の達成確率をアップさせる訓練と責任感を生み出すことが可能になります。

- 進捗の定期報告

週次のKPI(Key Performance Indicators)を設定し、進捗を定期的に報告させることで、目標達成の確率が高まります。

事業継承する側が事業継承される側に日常的に助言・進捗確認することは、事業継承される側にとっては「任されている感」を認識させることができません。

よって、週次または隔週など定期報告会を実施することで、事業継承される側に「任されている感」を根付かせると共に、定期的な進捗確認と助言を行うことで、ミスを減らし早期の改善に着手することができますので安心して日常的な業務を任せることが可能になります。

- 部下の成長を促進

部下が成果を上げるためには、経営者の口出しではなく、部下が主体的に行動できる環境が必要です。

事業継承する側は俯瞰的に会社と事業継承される側との距離感を保つ環境が必要です。

この俯瞰的な位置で会社と事業継承される側との距離感を保つことは、事業継承する側にとってはかなりのストレスになります。

これまで全ての意識決定に関わっていた立場から、一歩引いた立場になりこれまでのようなワンマンな立ち居振る舞いができないからです。

ある意味において、この俯瞰的な位置を保つことのストレスをどのように解決するのかが?が事業継承の壁になることが多いのです。

事業継承におけるエグゼクティブコーチングの役割

事業継承においては、権限委譲のサポート役としてエグゼクティブコーチングが有益です。

これにより、事業継承する側と事業継承される側のコミュニケーションや目標設定が効果的に行え、円滑な事業継承が可能となります。

事業継承において最も重要なポイントは、ワンマン経営からの脱却と権限委譲です。

権限委譲を通じて部下の成長を促進し、次世代の経営者にスムーズにバトンタッチすることが、中小企業の持続的な成功の鍵となります。

エグゼクティブコーチングの導入は、このプロセスをサポートする有力な手段と言えます。

特に事業継承する側のストレスの抑制や事業継承される側との関わり方に悩むことに対して、エグゼクティブコーチは客観的な立場で事業継承する側をサポートすることが可能です。

また、時には事業継承する側と事業継承される側の間に入って、お互いの想い、価値観を共有するための橋渡し役や事業継承される側のストレスの抑制を行うことが可能です。

<参考資料>

会社の後継ぎは社長と同様に孤独である

社長という職業が孤独であることは、社長を経験した人にしか分かりませんが、後継ぎ(二代目)になった人の孤独感、悩みも社長と同様に経験した人にしか分かりません。 私…

事業継承は会社の持続的な成長を継続させるための重要なポイントになりますので、試行錯誤しながら社内だけで完結を目指すのではなく、利害関係のない客観的な立場でサポートできるエグゼクティブコーチの活用は効果的です。

株式会社FiveOne(ファイブワン)では、東京・大阪を中心に日本全国でエグゼクティブコーチングの実施が可能ですので、ますは事業継承、特に親子間での問題でお困りの方は、ご相談いただければと思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

山下午壱
山下午壱エグゼクティブコーチ/経営コンサルタント
1968年生まれ。兵庫県出身。
玩具業界(商社)、映画業界を経て人材サービス業界で20年働く。
中堅規模の人材サービス会社の経営の傍らで多くの経営者と交流し、中小企業の社長の立場でコーチング、コンサルティング実績を積む。現在はエグゼクティブコーチ+経営コンサルタントを組み合わせた独自の手法で活動中。