親子間における事業継承のポイントとは?

親子間における事業継承のポイントとは?

親子での事業継承は、会社の未来を担う重要なプロセスですが、その途中にはいくつかのチャレンジが待ち受けています。以下に、親子間の事業継承に関する主な問題を紹介します。

親子間における事業継承の課題

役割分担のバランス

:親と子の間で適切な役割分担を見つけることがポイントです。

親の経験を尊重しつつ、新しいアイディアやビジョンも導入しましょう。

バランスを保たないと、対立やコミュニケーションの障害になる可能性があります。

コミュニケーションの透明性

コミュニケーションの不足や誤解は避けたい課題です。

感情的な問題や期待のずれが、スムーズな移行を阻むことがあります。

率直なコミュニケーションを心がけましょう。

スキルと知識の引き継ぎ

親から子への専門知識やスキルの伝承が大切です。

技術や業界の変化に柔軟に対応し、新たなビジネスの流れに乗る力が求められます。

トレーニングや教育を活用しましょう。

新しいリーダーシップの確立

親の退任によって、子が新たなリーダーシップを果たすことになります。

この変化はプレッシャーや心理的負担をもたらす可能性があります。

自己のアイデンティティを尊重しつつ、新たな役割を受け入れましょう。

家族とビジネスの境界線

家族とビジネスの境界を明確にすることは難しいです。

家族内の葛藤や感情が意思決定に影響を及ぼさないように、プロフェッショナルな態度を保ちましょう。

リスクと責任の管理

子が新たな経営者として事業を継ぐ際、リスクと責任の適切な取り扱いが重要です。

資産や債務、法的問題に適切に対処し、安定的な経営を維持しましょう。

親子間における事業継承の課題解決法

役割分担

子供は親の経験を尊重しつつ、新しいアイディアを導入しましょう。

また、親は全てを否定するだけではなく、子供の話に耳を傾ける必要もあります。

例えば、週に一度、意見交換の時間を設けて、共通の目標に向かう方法を共に考えることで、対立を回避できます。

コミュニケーション

コミュニケーションの透明性を高めることが大切です。

定期的な会議や報告書を通じて情報を共有し、お互いの期待を明確にすることで、誤解を解消できます。

この場合1番重要なことは親子ともに感情をコントロールすることです。

感情をコントロールできるまでは、できる限り親子以外の人物を交えてビジネスライクに議論できる訓練も効果的です。

スキルと知識の伝承

親から子への知識伝承は、難易度がかなり難しいと言えるでしょう。

親から子供へ直接知識伝承を行うよりは、仕事を通じて実践的かつ間接的に学ぶことで子供は理解力が増し、創造性を養うことが可能になります。

新しい技術や業界の変化に適応するための研修も必要ですが、研修はサブ的な意味で活用に留め、まずは現場の現状把握に務めるできです。

新しいリーダーシップ

親が創業者であった場合、子は親と同じ様なリーダーシップを確立することは不可能です。

カリスマ性は創業者の特権であり引き継ぐことはできません。

よって、子供は親のカリスマ性に頼ること無く現場からの信頼を勝ち取る必要があります。

そのために、親は子供を特別扱いすることなく扱うことで子供をバックアップする必要があります。

また、早期に子供が社内外で信頼できる人物を見つけることで、心理的なプレッシャーを和らげることも必要です。

家族とビジネスの境界

親子ともに仕事中のプライベートな会話を避ける訓練が必要です。

従業員の目を意識しながらビジネスライクな対応を心がけましょう。

また、プライベートにおいても仕事の話はできるだけ避けることで、公私の区別を付けることが可能になります。

リスクと責任

親は子供に対してリスクを事前に明確に伝える義務があります。

また、子供はそのリスクに対して適切な処置を行う必要があります。

この場合は、親子だけではなく専門家のアドバイスを受けることが重要です。

専門家と協力して資産や法的な問題をクリアにし、安定的な事業運営を確保します。

親子間の事業継承を成功させるための親と子供の役割

親は子供を信頼し直接口を出さない

子供に経営を任せた場合は危機的状況になる場合を除き、子供の方針ややり方について口出しをせず、結果のみについて客観的なアドバイスや指摘する側に徹することです。

また可能であれば、親時代の古参の幹部の方々にも子供を支えるてもらうように直接指示を出すことで、子供を影からバックアップする姿勢が必要です。

子供は野心を一時的に捨てるください

親から経営を任せられた子供は、本業を疎かにして自分がやりたいことに積極的な姿勢を示すことが多いです。

経営経験も少ないものが新規事業を次から次へ立ち上げて成功する確立はほぼゼロに等しいです。

子供は経営を任されたのなら、まずは本業にしっかりと取り組み売上、利益の最大化、生産性の向上、労働環境の改善に務めることで会社の継続性を盤石にすることを目標にしてください。

本業が盤石な状況になって、初めて新しいことに挑戦できる土壌と経験を得ることができるからです。

親子間で事業継承を円滑に行うには、親と子供が協力することはもちろん、会社全体として取り組むことが重要です。

他人が事業継承するのは金銭面の問題を解決できれば、あまり難しくはありません。

しかし、親子間の事業継承の場合は金銭よりも感情が優先してしまうので、この感情のコントロールが1番重要だと考えます。

Follow me!

投稿者プロフィール

山下午壱
山下午壱エグゼクティブコーチ/経営コンサルタント
1968年生まれ。兵庫県出身。
玩具業界(商社)、映画業界を経て人材サービス業界で20年働く。
中堅規模の人材サービス会社の経営の傍らで多くの経営者と交流し、中小企業の社長の立場でコーチング、コンサルティング実績を積む。現在はエグゼクティブコーチ+経営コンサルタントを組み合わせた独自の手法で活動中。